高血圧としっかり向き合うために

国民病とも言われている高血圧ですが、ご存知の通り身体に様々な影響を及ぼします。高血圧は一度なってしまうと治療するまでが非常に大変です。高血圧は予防するものと考えて普段の食生活を考えたりや運動に取り組んでみてはいかがでしょうか?

食生活を見直し運動に取り組む男性たち

高血圧が治るまでの期間はどれくらいか

健康診断などで高血圧であるという診断を受けても、自覚症状を感じることがないため、そのまま放置する方が大勢居ます。ところが、高血圧の状態を長期間放置してしまうと、臓器や血管にダメージをかけ続けることになってしまいます。そうなると、突然命に直接的に影響を及ぼすような合併症を引き起こすことになります。実は、高血圧の患者というのは、健康体な方に比べると心筋梗塞をはじめとする心臓病に陥る可能性が3倍になるという結果があります。加えて、喫煙習慣があったり脂質異常症が合わさることで、3倍から16倍に跳ね上がると言われています。このように、高血圧は命に関わってくる症状なので、血圧が高いということを指摘された時には、現在の生活習慣を積極的に見直すことが求められます。初期段階や軽度な高血圧であれば、生活習慣を見直すことによって、コントロールすることが可能です。しかし、即効性の高い高血圧対策というのは、見つけ出しにくいものです。そこで推奨されているのが、肥満を解消することです。実は、高血圧というのは肥満体型と大きな関係性があります。中でも、内臓肥満などは特に注意しなければなりません。つまり、現在太っていて血圧が高いという診断を受けた方は、まず体型を変化させることから始めるべきなのです。最も体型を変化させるために最適なのが、適度なエクササイズです。エクササイズとはいえ、瞬間的に力を加えるような無酸素運動は好ましくありません。ウォーキングやサイクリングなど、長時間行える有酸素運動にチャレンジすることで、身体が変化し結果的に高血圧も解消されます。同時に、食生活も見直すようにすると、目に見えて違いを感じます。